つむじがはげた時の対処法|専門家に診てもらおう

男性

頭頂部の薄毛改善

髪の毛

頭皮環境を整える

男性の頭頂部の薄毛の進行はAGAの典型的な症状で、つむじ部分を中心に進んで、次第に広がってくるでしょう。頭頂部脱毛はつむじはげとも言われ、つむじはげは対処が早ければ早いほど改善も可能といわれています。髪の成長メカニズムについて説明すると、髪は人の末端細胞として成長し、吸収された栄養が毛乳頭に到達する際には1%未満となります。頭皮への血管自体も細くなります。加齢により代謝の衰えが出ると、髪の成長が進まなくなり次第に薄毛となります。とくに頭頂部は上半身部分で心臓からもっとも遠い個所となるため、栄養が伝わりにくいです。元々髪が生えていたのであれば、その時と同じ条件に近づければ、髪の成長が進むはずです。

発毛を促す

つむじげは男性ホルモンであるテストステロンが抜け毛を進行させる還元物質である5αリダクターゼと結びつくことで症状が進むと言われています。男性ホルモンが抜け毛に良くないという認識がありますが、男性ホルモンであるテストステロンは毛髪をつくる大事なもので、還元物質である5αリダクターゼが結びついてジヒドロテストステロンとなることがつむじはげを進める原因となるのです。つむじはげの原因は大きく2つあり、抜け毛を促進する還元酵素と髪への栄養が不十分となることです。有酸素運動や頭皮マッサージで頭皮の血流を改善させ、十分な栄養を取り、しっかりとした睡眠にて、新陳代謝を高め、育毛剤などで外部からアプローチすることが育毛の第一歩です。